一覧

実験系
・レールガン 一号機 Spec 1.0
・レールガン 二号機 Spec 2.0 / Spec 2.1 / Spec 2.2 / Spec 2.2.1 / Spec 2.2.2
・多段式レールガン Spec 2.0.1
・レールガン 三号機【電磁カタパルト】 Spec3.0~3.2 / Spec3.2.1(NEW @現在更新中)

工作系

レールガンでダルマ落としはできるのか?

いつも真面目な実験ばかりだったので、たまにはネタ実験をしてみることに、
そのネタ実験とは、

レールガンでだるま落としができるのか?

ライフルでだるま落としをする動画を見たとき、レールガンでできないだろうか?と思い、レッツトライ
結果はご覧のとおりでした。
実はちゃっかり測定もしていたのですが、銅線のテンションがなさすぎて、たるんでしまっていた為に、
銅線の隙間を通過してしまい測定が失敗に終わりました。おまけにプロジェクタイルはどっかにいってしまい、
状態を確認できず… ですが、探している間にこんなものが見つかりました。
左は今回のアーマチャ、右は前回の最初の実験で使ったアーマチャです。なぜかコンクリート板の下に入り込んでました。
溶け切ったと思ったのですが、どうやらそうではなかったようです。質量を図ると、0.12g熔解していたようです。
気のせいか、これまでの実験結果見るとアーマチャ質量の増加に比例して熔解量も増えてる? 関連性はまだよくわからず、
ちなみに今回のアーマチャにはこんな跡が
高温による変色です、今までこんなことなかったのですが… 実は今回のネタ実験は、
前回の610m/sの結果が本当か裏付ける為、プロジェクタイルとアーマチャ質量は全く同じになっています
(まあ計測が失敗したので結局わからないままですが…)
しかし、前回のアーマチャにこのような変色は見られませんでした。ちなみに、今回の熔解量が0.16g、前回は0.2gでした。
状況は全く同じなのになぜ結果が分かれたのか… もしかしてスチールウールの微々たる質量差が影響してる?

ネタ実験のつもりでしたが興味深い実験になりました。

ホームへ戻る

0 件のコメント :

コメントを投稿